製造業H社様 事務所改修

H社様の事務所改修に伴い、内装・家具のご提案・施工をさせていただきました。

改修部署様では、イベント企画・予算管理などをされており、資料が多く、また1日中座りっぱなしの業務が多いため、以下の点を課題としておりました。

1. 机上面の面積が多いほうが良い。(但し事務所拡張は不可)
2. 社員の健康を最大限配慮する
3. 作業性が良い
4. 個の作業でありながらプロジェクトチームのため、consentorationとcommunicationに相反することをクリアにする。

 

上記を踏まえ、ブーメラン型の上下昇降式テーブルにて、中央の収納を囲むベンゼン型レイアウトをご提案させていただきました。

上下昇降テーブルにより座り姿勢と立姿勢を繰り返すことで、足腰への負担が軽減されます。

全員が背中合わせとなることで、普段の執務では他社員と視線が交わらず、集中して各自の作業に取り組むことができます。

中央の収納(高さ1,100mm)に天板を設置することで、印刷物のまとめ作業の台として用いたり、他社員との立会議テーブル代わりにも利用が可能になります。

 

また、レイアウトは変えず、家具・内装のカラーを2パターンご提案させていただきました。

 

A案は彩度の低いグレー系でまとめ、スタイリッシュな高級感のある印象の空間としました。カーペットと壁の色の対比により、空間にメリハリが生まれます。

 

 

B案はアースカラーを多用した、ナチュラルな温かみのある空間としました。デスクパネルに緑を用いることで、目への負担を和らげます。

両案とも共通して、テーブルと収納天板のカラーを合わせることで、空間に統一感を持たせております。

最終的に、B案をご採用頂きました。

 

使い勝手を左右する家具やレイアウトと併せて、お客様の、仕事や社員の方に対する想いを表した空間をご提供できるよう、これからも努力してまいります。

この記事をシェアする:

  • Facebookでシェアする
  • twitterでシェアする

この記事のカテゴリー:NEWSNEWS

BACK
一覧へ戻る