有限会社 池田ゴム 様 居心地が良く、働きやすいオフィスへ

今回は、浜松市内の(有)池田ゴム様の施工事例をご紹介します。

<改装後のオフィス>

会社が大きくなり従業員が増えたことで、人が座りきれない、手狭と感じ、オフィスの改装をご検討されていました。

オフィス改装にあたり、いただいた3つのテーマ

  1. 居心地が良いオフィス
  2. コミュニケーションがとりやすいオフィス
  3. 多様な働き方ができるオフィス

これらを実現するために、シックかつ明るく開放的な空間に仕上げました。

① 居心地が良いオフィス

動線をスムーズにし、快適にお仕事ができるよう机や椅子の使い勝手にもこだわりました。
また、動線を広く確保することで、オフィス内での移動がスムーズになりました。更に、グリーン(観葉植物)を設置することで、リラックス効果を高めました。

改装の際に思い切ってスケルトン天井を取り入れました。
スケルトン天井にすることで広々とした感じになり、格段にスタイリッシュでおしゃれな雰囲気がでてきます。

<開放的なスケルトン天井>

②コミュニケーションがとりやすいオフィス

ソファーや小上がりのミーティングスペースを設けました。これにより、打ち合わせや、雑談ベースのラフなミーティングを気軽に行うことができるようになりました。

<ソファコーナー>

特に、下の写真の小上がりのスペースは、池田社長様お気に入りの場所です。
同じ部屋の中でも、小上がりになっていることで、気分の切り替えがしっかりとできるそうです。
お客様との打ち合わせの際も会話が弾み、本当に取り入れてよかったと笑顔でおっしゃっていました。

<小上がり会議スペース>

③ 多様な働き方ができるオフィス

集中作業用の個別ブースや立って仕事ができる机を設置しました。
半個室ブースでは、経理担当者が間違えられない数字と向き合う際など、集中して仕事に向き合う際に重宝します。

<半個室集中スペース>

そして、こちらはハイテーブルとハイカウンターです。
短時間での打ち合わせや雑談の際に効果的です。

また、オフィスチェアに座って仕事に取り組む時間と、スタンディングで仕事に取り組む時間を組み合わせることで、姿勢が変わることに伴う気分転換になることや座り仕事による腰への負担を軽減することができます。

<ハイテーブル>

<ハイカウンターでサクッと打ち合わせを>

改装後はスタイリッシュかつ暖かみのある印象で、仕事がしやすい空間となりました。
在宅ワークも可能ですが、多くの社員の方が出社してお仕事をしているとのことでした。

 

オフィス改装後、予想外に得られた3つの+αの効果

  1. ペーパーレス化
  2. きれいなオフィスを維持しようという雰囲気が生まれたこと
  3. 求人への応募人数の増加

①ペーパーレス化

フリーアドレス制を取り入れたこと、パーソナルロッカーや共有の収納棚と置いたこと、そして、オフィスをきれいに使おうという意識から、自然と印刷する量が減りました。また、在宅ワークも可能になり、働き方に幅が生まれたそうです。

<共用収納1(左)とパーソナルロッカー(右奥)>

<共用収納2>

②きれいなオフィスを維持しようという雰囲気が生まれたこと

改装しきれいになったことで、この素敵なオフィスを保とうという意識が芽生え、改装から1年以上経ちましたが、改装直後と同様のきれいさを維持できているそうです。

そして、オフィスをきれいに保てている理由がもう一つあります。
それは、土足禁止を取り入れたことです。
外の汚れが持ち込みにくくなり、掃除の手間が省けるようになります。掃除の時間が短縮されれば、その時間を業務にあてられますので、業務効率のアップやコストの削減にもつながります。
木目調の床もいい感じです♪

<オフィス入口 ガラス張りも素敵で、目を引きます>

③求人への応募人数の増加

求人への応募人数も増加しました。おしゃれで快適なオフィス空間は非常に魅力的です。

特に若い女性からの応募も増加し、「若い人に選ばれる会社になりたい」というご期待にもお応えできたかと思います。

池田社長様には、「生産性の大幅アップは特に感じないが、働きやすさや居心地の良さなど感性の部分が非常によくなった」とおっしゃっていただけました。

 

オフィス改装は居心地が良く、従業員が出社したくなるオフィスを実現する第一歩です。
それだけでなく、ペーパーレス化の進行、求人への応募人数の増加、企業イメージの向上など多くの良い影響を生み出します。

 

オフィスの改装を考えている方、人手不足でお悩みの方、ぜひ佐藤産業までご相談ください。

私たちが提案から施工まで、責任をもってお手伝いさせていただきます!

まずは、お気軽にお問い合わせください。☞

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事をシェアする:

  • Facebookでシェアする
  • twitterでシェアする

この記事のカテゴリー:WORKSWORKS

BACK
一覧へ戻る
NEXT